ピーリングでお肌の活性化をしましょう


シミとメラニン色素

紫外線を浴びてしまったお肌は、活性酸素が発生し、

メラノサイトと呼ばれる細胞がメラニン色素を大量に発生させて紫外線からお肌を守ろうとします。

紫外線は色の黒いものに吸収されやすいという性質を持っているので、

メラニン色素を大量に作ることで、紫外線の刺激からお肌の細胞を守っているのです。

 

紫外線の刺激を防ぎ、役目を終えたメラニン色素は通常の健康な肌であれば、

約28日周期のターンオーバーによって表皮に押し上げられて排出されます。

しかし、ストレス、乾燥などでターンオーバーが正常に行われていないと、

メラニン色素はお肌にとどまり、蓄積されてシミとなってしまいます。

 

できてしまったシミを排出させるためには、ターンオーバーを活性化することが重要です

シミに効果的と言われる美白化粧品は、シミの予防効果はあっても、

一度沈着してできてしまったシミを分解するのはなかなか難しいです。

そこでピーリングによってお肌に残ってしまっている古い角質を除去し、

お肌のターンオーバーを促すことでメラニン色素の排出を促進させることができます。

メラニン色素を排出するだけでなく、コラーゲンなどの生成も促されるので、

毛穴のたるみやニキビ跡の浅い凹みの改善も期待できるんですよ。

 

hada-kusumi

ピーリングの効果

ピーリング(Peeling:剥がす)とは、タンパク質に反応する成分を塗布して古い角質を剥がし、

肌の生まれ変わりを促す美容法です。

ピーリングすることで、古い角質が取り除かれて表皮の細胞分裂を促して、

ターンオーバーが正常に行われるようにしていきます。

正常にターンオーバーがされると、メラニン色素の沈着を防ぐことができるうえ、

シミやくすみ、角質層の汚れ、黒ずみがうすくなる、消えるなどが期待できます。

また、肌細胞を活性化させて新しいお肌に生まれ変わるの、ふっくらとした美肌を得ることもできますよ。

 

ピーリングには、皮膚の柔らかい部分を酸などの化学物質を使って角質を剥がしていくという、

薬剤を利用したケミカルピーリング、薬剤を用いずに物理的な方法で行うレーザーピーリングなどの種類があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする